%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%b9

オリンパスは、ミラーレス一眼でカメラ業界No.1のシェアを持つメーカーです。ライカ・パナソニックと一緒に画像センサーの規格「フォーサーズ」を開発し、個人でも手の出しやすいコンパクトで中価格帯のカメラを生産しています。

CMでは、宮崎あおいさん、本田圭佑さんが出演のイメージ戦略、豊富なカメラのバリエーションとかわいらしいデザインから女性のユーザーが多いです。

中古市場においてはフィルム機の需要がほとんどないことからオリンパスのカメラ!というとあまり買い取りには向かないものが多い印象です。ですがOLYMPUS ZUIKO 80年に及ぶ伝統の光学技術と最先端テクノロジーの融合で生み出された、比類なき機動力を持つM.ZUIKO DIGITALレンズ、オリンパスのズイコーレンズは未だに根強いファンと市場の球数が少ないことから今でも高値で取引される物もございます。

オリンパス宮崎あおい

オリンパスの歩み: 中判カメラ

中判カメラ

中判カメラ

ズイコーレンズの誕生

1台の顕微鏡を作り上げることで獲得したモノづくりの精神。この精神を受け継ぎ、カメラレンズの研究は1934年からはじまりました。そして2年後、ズイコー(瑞光)レンズが誕生します。ズイコーレンズを搭載したセミオリンパス、オリンパスシックス、2眼レフのオリンパスフレックス。これらのカメラが、カメラメーカー「オリンパス」の基礎を築きました。

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%b9%ef%bc%91%e5%9e%8b

セミオリンパスI型(1936)
ズイコーレンズを搭載したオリンパスカメラの第1号は、
昭和11年(1936年)発売のセミオリンパスI型。
プラウド社から供給されたセミプラウドボディーに、開発されたばかりの
ズイコーレンズを組み込みました。初任給75円の時代。
105円という価格の高級機でした。

オリンパス オリンパスの歩み: 中判カメラ

 

 

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%b9%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%91%e5%9e%8bオリンパスフレックスI型(1952)
昭和27年(1952年)発売のオリンパスフレックスI型は、オリンパス二眼レフの初代機。戦後はじまった二眼レフの大ブーム。
このブームに合わせて開発されたのがこのカメラです。
ローライフレックスをモデルにしながらも、より高い性能を求め
、多くのオリンパス独自の機能が盛り込まれています。
発売価格は47,000円。当時の初任給7,000円の6ヶ月分以上という高価なカメラでした。

オリンパス オリンパスの歩み: デジタル一眼レフ

 

 

 

デジタル一眼レフ

デジタル一眼レフ

ダストリダクションシステム開発

圧倒的な高画質で、デジタル一眼レフ市場に大きなインパクトを与えたC-1400L。オリンパスは、このカメラを皮切りに高性能ズームレンズを搭載したレンズ固定式デジタル一眼レフシリーズを展開してきました。そして、2003年には、レンズ交換式のデジタル一眼レフ市場に参入します。既存の35mm一眼レフシステムに縛られている同業他社をよそ目に、オリンパスは、フォーサーズシステム規格に準拠したデジタル専用設計の小型高性能レンズシステムを開発。さらに、カメラ側には、広いダイナミックレンジと豊かな階調表現を特長とするフルフレームCCDを採用。ここに、プロにも認められる高画質のレンズ交換式デジタル一眼レフシステムが誕生したのです。また、「CCDのごみ問題」 - レンズ交換時に入った塵やごみがイメージセンサーに付着し、写り込んでしまう問題 - を解決するダストリダクションシステムを開発。レンズ交換式デジタル一眼レフの宿命的ともいえる欠点を見事に解決し、高い評価を獲得しました。


 マイクロフォーサーズ機(ミラーレス)でフォーサーズレンズ(旧一眼レフ規格)って使えるの?

フォーサーズ規格のカメラボディは2010年発売のオリンパスE-5を最後に現在は開発されてなく、レンズも恐らく2008年頃を最後に新製品は出てません。まず、フォーサーズ規格のレンズをマイクロフォーサーズのボディで使用する(逆は不可)には、専用のマウントアダプターが必要になります。マウントアダプターは現在、マイクロフォーサーズをメインに商品展開してるオリンパス、パナソニックの両メーカーから発売されています。

ZUIKO DIGITALレンズには3段階のグレードが設定されていました。最上位のSuper High Grade(SHG)。中級のHigh Grad(HG)は防塵防滴仕様で一部にSWDなどを搭載、下位のStandard(STD)と併せて現在比較的手頃な価格での入手が可能なレンズです。ただ、中古品を扱うお店の私の立場からするとすでに所有している人はいいのですが、よほどの愛着やこだわりがない限り、今からカメラを始める方にはオリンパスのミラーレスはおすすめですが、オリンパスの一眼レフは入手やあとのメンテナンスにお金と手間がかかるといえそうです。そういえばどうでもいい話ですが、私が20代の頃、初めて買ったカメラがオリンパスの安い普及機でしたが、私の扱いが悪く電池蓋を紛失してしまい早々に使えなくなったつらい過去があります。
ですが、ミラーレスは可愛いデザインで素晴らしい製品も多いので、オリンパスが気に入れば気に言っていただけると思います。

カメラ、レンズ高価買取 マックスカメラ MAX CAMERA