キヤノン CANON

Canonの語源には、「正典」「規範」「標準」という意味があります。
そこにはキヤノンが先進の技術とサービス活動において世界の標準となり、また業界の規範として活動していくという企業精神が込められています。1935年に「世界で通用する商標」として考案されたキヤノンロゴは、企業の成長につれ視覚的な改良が加えられ現在にいたっていますが、造形上の強い個性となっている内側にはねる"C"は、そのまま継承されています。
世界中の人びとからCanonとして愛されグローバル企業として飛躍できたのは、創業当時から一貫した企業精神を抱きつづけてきたからです。(CANON HPより)

そんな日本を始め世界各国で愛され多くのユーザーを持つ日本を代表するカメラメーカーCANONですが
CANONのロゴ!といえば、みなさんおなじみの赤いロゴですよね!?

ですが昔からこの赤いロゴだったわけではありません。

キヤノンロゴの変遷

実は世界に誇る優秀なカメラ、レンズで有名なあのキャノンもこのようにロゴが変更されてきて、
現在の有名な赤いロゴになったという歴史があります。

そもそもキヤノンは1933年 東京麻布六本木に高級小型写真機の研究を目的とする精機光学研究所を開設するところから
始まっているとされ、すでに80年以上もの歴史のある企業なのです。

面白いロゴといえばこんなのもあったようです。

「kwanon(カンノン)」

 

 

 

 

 

 

1933年に精機光学研究所が設立され、カメラの最初の試作機は
「KWANON(カンノン)」と名づけられました。
この名前は、観音様の御慈悲にあやかり世界で最高のカメラを創る夢を実現したい、
との願いを込めたものです。当時のマークには千手観音が描かれ、
火焔をイメージしたKWANONの文字がデザインされていました。

すごいですよね!?
今のキヤノンからは想像もできないです!

 

そして素朴なよくある疑問

キヤノンの「ヤ」の字は何故大きいのでしょうか?

「ヤ」の字が大きく表記された「キヤノン」が生まれたのは、1947年に、社名を「精機光学工業株式会社」から
「キヤノンカメラ株式会社」と変更したときでした。
当時の登記簿や株主総会後に発表される営業報告書、朝日新聞に掲載した広告など、
すべて「ヤ」が大きくなっています。
では、なぜ「キャノン」ではなく「キヤノン」にしたかというと、全体の見た目の文字のバランスを考え、
きれいに見えるようにしたからなのです。
「キャノン」では、「ャ」の上に空白が出来てしまい、穴が空いたように感じてしまうので、それを避けたということですが、、、当時の感覚では小さい「ャ」はあまり良くない印象だったのですね。