ソニー

(αクロニクルより)2006年1月19日、コニカミノルタホールディングスは翌2006年3月末に写真フィルムからレンズ・カメラに至る全ての写真関連分野から撤退することを発表した。「α」ブランドを含むデジタル一眼レフカメラについては先に提携を発表していたソニーに譲渡し、同時期をもって長年続いたミノルタのカメラ事業は幕を閉じた。というところから本格的にコンシューマー向けαカメラの供給が始まった、というところを考えると歴史は浅いですが、熱烈なファンも多いミノルタのAマウントレンズがSONYの現行カメラで継承され、しかもSONYの最先端の技術で生まれ変わり使用できますので、当時の性能以上の描写を楽しめる!その革新的な性能やカメラへの考え方が他社のユーザーからは異質に捉えられることもありますが、個人的には非常に好きなメーカーがソニーです。レンズ史に名を刻むツァイスやT*(Tスターコーティング)の描写を堪能することも出来、非常に満足度の高いカメラライフを送ることが可能です。弊社としてもレンズ買取したい人気のレンズですが、なかなか手放さない方が多いのが悩みの種となっております。

 

2006

α100

α100

αの伝統にソニーのエレクトロニクス技術が融合

2006年、ソニーとして初めて世に送り出したα100は「誰もがいい写真を撮れること」を目指したカメラです。
α伝統の独自システムであるボディ内蔵手ブレ補正機能に加え、デジタル一眼レフカメラの弱点とされていた撮像面へのゴミ問題に対応し、CCDの表面へのゴミやホコリを取り除く「アンチダスト機能」を搭載しました。
画質の性能も向上。有効1020万画素CCD、先進の映像技術を集約した画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」が、高解像度と低ノイズを両立させ臨場感のある美しい画像を生み出します。さらに、撮影した画像データを瞬時に分析し露出と階調を自動補正する「Dレンジオプティマイザー」が、「目で見たままの自然な美しさを再現したい」というユーザーの思いを実現しました。また、素早いオートフォーカス、見やすいファインダー、スタミナ性能など、気持ちよく撮る楽しみに徹していただくために、多くの角度から使いやすさの向上が図られました。
αが培った光学技術、メカ技術に加え、高画質を生み出すソニーのエレクトロニクス技術が結集し、αはまた新しいステージへの一歩を踏み出したのです。

2007

α700

α700

 

 

ハイアマチュアが待ち望んだα

αの伝統の上に新しい技術を惜しみなく注ぎ込み、全ての写真愛好家に向けて世に送り出した中級機です。
α-7000以来、システムの主力機が受け継いだ伝統の「7」をその名に冠したこのカメラは、高機能、高画質、そして耐久性から質感に至るまで、あらゆる面で高いクオリティーを実感できる一台となりました。
α700の撮像素子には、それまでのCCDに変わってソニー独自の新開発CMOSセンサー「Exmor(エクスモア)」を搭載。被写体の細部まで描き出す高い解像力と、豊かな階調表現。有効1220万画素の新イメージセンサーがもたらす高画質が、写真愛好家にも驚きをもって迎えられました。加えて多くのユーザーの心をとらえたのが、ソニー独自開発の11点AFセンサーによる速く緻密(ちみつ)なAF性能でした。大口径レンズを使用したときの合焦精度も大幅にアップし、高い解像感と美しいぼけを生み出すαレンズの性能を最大限に引き出しました。
ソニーのαでHDMI端子が搭載されたのも“α700”から。ハイビジョンテレビの大画面で写真を観賞するという新しいスタイルが、ここから始まりました。

2008

 

α900α900

ユーザーが待ち望んだフラッグシップ機

35mmフルサイズのイメージセンサーを待ち望む声が高まるなか、2008年に満を持して登場したフラッグシップ機がα900です。
有効2460万画素という当時最高レベルの高精細画像を生み出すCMOSセンサー「Exmor(エクスモア)」。画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」2個で並行処理することにより高速化を保ち、高解像度にもかかわらず約5コマ/秒の高速連写も実現しました。
あらゆる面で撮る道具としての完成度が高められた「αの頂点」。手に取ったハイエンドユーザーを第一印象でうならせたのは、高品位なファインダーでした。接眼光学系に高屈折率ガラスや多層膜ARコートなど、緻密(ちみつ)な光学技術が惜しみなく注ぎ込まれたファインダーの広くクリアな視野は、多くのカメラマンの創作意欲を高めるものでした。
α伝統のボディ内蔵手ブレ補正機能はフルサイズセンサーでも実現。幅広いシーンでの手持ち撮影を容易にし、αレンズの持つ高い描写力が最大限に引き出される一台となりました。前後して登場した新しいフルサイズ対応のカールツァイスレンズ群、Gレンズ群とともに、ユーザーを魅了するαシステムを形づくっていきます。

2010

NEX-5

NEX-5

 カメラ界に与えた衝撃。小型一眼カメラの地位を押し上げた世界最小※一眼 レンズ交換式デジタルカメラボディにおいて。2010年6月3日発売時点、ソニー調べ

 「クオリティーの高い写真を、もっと自由に撮りたい」というユーザーの願いに応えるために、全く新しい視点で開発されたデジタル一眼カメラ、NEX-5。

レンズ、グリップ、液晶モニターといった基本要素を研ぎ澄ませた斬新なデザインは、デジタル一眼カメラの究極の姿を求め、カメラの本質を問い直すことで生まれたものでした。
極限までに小さなボディでありながら、搭載しているイメージセンサーはAPS-Cサイズ。これによりシャープな解像感と、一眼カメラならではの美しいぼけを堪能することができました。新しく採用されたEマウントレンズに加え、マウントアダプターの使用により多彩なAマウントレンズの全てを装着することができ、幅広い写真・動画表現を可能にしました。
操作性は、コントロールキーやソフトキーの採用など、画面を見ながら快適に操作することができるよう設計。ぼけ味の簡単コントロールや、撮影アドバイス機能など、初めてデジタル一眼カメラを使う方の上達を支援する機能も多く盛り込まれました。

2012

 

α99α99

世界をありのままに、感性を思いのままに

α900の発表から4年。αの新たなフラッグシップモデル、α99が誕生しました。
新開発の35mmフルサイズCMOSセンサーと、画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」、新開発高速フロントエンドLSI、多点分離光学ローパスフィルターなど、ソニーの最先端技術が結集して生み出された「α史上最高画質」。常用感度ISO25600の高感度低ノイズ性能に加え、解像感、色彩、階調表現の向上により、圧倒的にリアリティーのある表現が可能になりました。
また、α99はソニー独自の「トランスルーセントミラー・テクノロジー」をより進化。19点位相差AFセンサーに加え、イメージセンサー上にも102点の位相差AFセンサーを配置した「デュアルAF」システムを初めて採用。位相差センサーを2つ同時に使うことで被写体の捕捉力を大幅に高めた、高性能なAFシステムを実現しています。
ディテールまでこだわり抜いた操作性、また堅牢性・耐久性なども徹底して追求し、カメラとしての完成度を極限にまで高めました。新しい領域へと到達したαが世界をありのままに、撮影者の感性を思いのままに表現します。

Lens

αレンズ

 

その中でもGレンズは、ハイレベルな写真表現のための優れた描写力を持つシリーズ。高精度な非球面レンズ、色収差を良好に補正するEDガラス、なめらかで美しいぼけを生む円形絞りなど、光学テクノロジーの粋を集めて開発、現在もなおフォトグラファーの心をとらえ続けています。
他のシステムには見られない特長を持つ個性的なレンズを生み出してきたのも、αシステムの特徴です。その一つSTF135mm F2.8 (T4.5)は、アポタイゼーション光学エレメントという特殊効果フィルターにより、鋭く切れのある描写でありながら「唯一無二」「水彩画のよう」と称される柔らかくスムーズなぼけを表現します。
2006年にはカールツァイスとソニーが共同開発した、α専用のカールツァイスレンズのシリーズが生まれました。最新の光学理論に基づき設計され、諸収差を限りなく補正。光の透過率を極限まで高める独自のコーティング技術「T*(ティースター)コーティング」により、フレアやゴーストも最小限に抑えることで、忠実な色再現とヌケのよい透明感のある描写を堪能できます。
また、初めてデジタル一眼を使うユーザーのために、手軽に大口径単焦点レンズの魅力に触れていただこうと開発された「はじめてレンズ」シリーズも、35mm、50mm、85mm、30mmマクロとラインナップを充実させ、その優れたコストパフォーマンスに多くのユーザーから高い評価をいただいています。
小型一眼カメラ用のEマウントレンズでもズームレンズ、マクロレンズ、カールツァイスレンズを含む大口径単焦点レンズ等をラインナップしています。マウントアダプターを使用することでAマウントレンズも使用可能。一眼ならではの、こだわりの表現を楽しむことができます。

カメラ、レンズ高価買取 マックスカメラ MAX CAMERA