マックスカメラブログ

カメラ買取体験談裏側を暴露 カビありレンズの買取価格 マックスカメラの評判

カメラ買取体験談 カビありレンズの買取価格 マックスカメラの評判

あなたが大事にしてきた一眼レフカメラやレンズ

どうせ売るなら少しでも高く売りたいですよね!

今回は実際の体験談を交えてカメラの買取業界について

お話していきますので、最後までお楽しみにご覧くださいね^^

 

 

こんにちは一眼レフカメラ・レンズの買取店マックスカメラです!

カメラ買い替え、マウントの変更によりお使いのカメラ・レンズが

不要になった。買い替えの軍資金が欲しい。

このような方は大勢おらえるわけですが。

でもその高く売りたい気持ちの反面多くの方がこのような不満を持っています。

  • 査定のために重たいカメラを抱えて、あちらこちら移動するのは面倒くさい
  • 交通費がもったいない
  • どうせどこでカメラを売っても同じでしょ?
  • 高く買い取る宣伝文句は嘘なんでしょ!?
  • カビありのレンズだから買い取ってくれないですよね?

あなたもカメラ・レンズの売却にこのようなことを考え

家から近い!とか

有名なお店だから

というような安易な理由で一眼レフカメラ・レンズを売却するお店を

決めてしまっていませんか?

もしかしたらカメラの売却で大損しているかもしれませんよ!?

 

 
 

■一眼レフカメラ・レンズの買取査定の実情

 

まず、あなたに知っておいて欲しいことがあります。

それは買取価格はお店により大きく差がある!

ということです。

カメラを高く売るための関連記事はコチラ

まず、お店のジャンルにより買取価格が全然違うことを理解してください。

リサイクルショップ

 

 

まずリサイクルショップに一眼レフカメラやレンズを売るのは

高く売りたいなら絶対にやめておくべきです。

なぜ?

それはリサイクルショップは買取価格が異常に安いからです。

「えっ?ネットの評判には高く買い取ってもらえたなんてレビューがありますよ」

そのようにネットの評判などを見てリサイクルショップで

あなたの大事な一眼レフカメラを売却する人が多いわけですが

ネット上のレビューサイト

というのは、広告業の会社が運営していて

広告主(大手リサイクルショップ)の依頼でお金をもらい

自作自演記事をレビュー・評判としていることが多いのです。

またはただの個人が「善意」でレビューをしてる風に装っていても

アフィリエイト報酬目的に、報酬を支払ってくれるカメラ屋さんに

買取申し込み客を誘導するように記事を書いているのです。

上記の写真を見ていただければわかりますが

大手の買取業者さんはカメラだけではないですが

このような「紹介報酬」を支払う仕組みを広告の一環として

取り入れられています。

この集客方法自体はまったく問題ではありませんし、業界的には

当たり前にどこの企業も行っているので、どうこう言うつもりは

まったくありませんし、否定するものでもありませんが

この仕組みはブログなどで報酬を支払う企業にお客さんを

誘導し成約することで、ブログ運営者、サイト運営者に

報酬が入る仕組みですから、ブログ運営者の立場からすると

報酬を払ってくれないカメラ買取店をお勧めするでしょうか?

普通、しないですよね?

そもそもブログ記事を丁寧に作りこむこと自体に

お金も時間も手間も莫大にかかりますが

それを一生懸命作成する理由はなんでしょうか?

それは「紹介報酬を稼ぐため」なわけです。

つまり、紹介報酬を支払ってくれる企業の買取に満足している人が

多いように見せかけた記事を作成してるわけですね。

また、あなたは

大事なカメラを1円でも高く買い取ってほしい。

そのように思われてると思いますが、

上の画像によると企業はあなたを紹介し誘導しくれたブログ運営者に

3000円支払う

ということになっていますね。

ということは必然的にあなたのカメラ・レンズの買取価格も

最低3000円は安くなってるわけです!

この理屈わかりますよね!?

この紹介報酬はあくまでも広告の一つであり、大手さんは

その他にもインターネット広告、テレビ広告、ラジオ、実店舗など

様々な形で広告費(コスト)をかけていますから

当然、買取価格を下げないと利益が出ませんので、

買取価格は安くせざるをえないわけです。

これは批判してるわけではなく、当たり前のことを解説しているだけです。

 

■リサイクルショップの買取が安い理由

 

先に挙げたように、大手さんは広告費、店舗費、人件費が莫大です。

ですからどうしても買取価格を低くする必要があることは説明しました。

以下の画像は東洋経済ONLINEさんによる広告宣伝費が多い企業ランキングです。

このように大手は広告費を莫大にかけているわけですが

それは当然、仕入れ、売値に乗っかってくるわけですね。

また、その他にも販売面を考えてみましょう。

普通に考えて

一眼レフを欲しい人がリサイクルショップで高価な一眼レフや交換レンズを

買いに行くでしょうか?

あなたは売却予定のそのカメラをリサイクルショップで購入しましたか?

違いますよね?

普通、カメラが好きな愛好家はカメラのことをよく知っている

カメラ専門店や家電量販店で購入するわけです。

まさか、品ぞろえも期待できない様なお店、

学生バイトの検品で状態もよくわからないリサイクルショップで

高価な一眼レフを

購入したりしないでしょう!?

 

ということは、リサイクルショップの立場になれば

せっかく買い取ったカメラやレンズを高く売ることが出来ません。

高く売れない中で利益を出すには?

安く仕入れないといけない!

つまり高く買い取ることはできない!!

ということなんですね。

このことからも大手リサイクルショップでは

カメラを高く買い取ってもらうことは難しいという理由がわかりますね。

 

■カメラを売るならカメラ専門店

と言いたいところですが、カメラ専門店も買取価格は様々です。

どうしても広告費など人件費、実店舗に大きなコストをかけている

お店はリサイクルショップ同様、

商売の原理的に高く買い取ることが難しくなります。

「じゃあどこに売るのが高く売れるの?」

というお話ですが、ここで当店マックスカメラの

実際に買取をしたお客様とのやり取りの一部をご紹介します。

いかがでしょうか?

このお客様は何店舗かに査定に出されています。

でカビありレンズという理由で出された査定額は

・6200円

・1万~3万円

マックスカメラのカビありレンズの買取価格

62000円!!

大手他店その差10倍!!

これを見てあなたはいかが思われますか?

こういう実情をさらけ出す企業はそうそうないですから

世間の「報酬目的でねつ造・誘導」された

ネットの情報に踊らされて大損していないですか?

 

こういう買取店により買取価格に何倍もの差がつくことって普通にあって
これは私の実体験ですが

以前に自分の自動車を何社かに査定に出したことがあるんです。

その時の有名大手1社の査定がコチラ

査定金額ゼロ円~18万円というメールで
このあと、担当者から電話があり

「買取価格3万円」と告げられました^^;

でも他にも3社さんから見積りを取っていて
その他の買取店さんにも

「駆け引きなしの一発勝負でお願いします。」

と査定していただき、出てきた査定金額が

A社 56万円

B社 68万円

C社 72万円

D社 3万円

という査定結果で同じような買取業者でも

天と地ほどの金額に分かれたわけなんです。

ちなみに1番底値を出してきたD社が一番テレビCMにも力を入れてると思います。

 

もちろんどんな商品でもマックスカメラが高い。

というわけではございませんし、お店ごとに得意な商品

不得意な商品がありますから、他店様の方が高く買い取っていただける場合も

あるとは思いますが、

マックスカメラは誠実にできるだけ高く買い取る努力をしています。

あなたも一度マックスカメラでカメラ売却の査定してみませんか?

まだまだ知名度の低いマックスカメラですが

お客様に喜んでいただけるよう努力しています。

応援していただけると幸いです^^

レンズ買取査定を依頼するなら株式会社ゴールドクローバーまで!

会社名 株式会社ゴールドクローバー
部署 マックスカメラ事業部
運営統括責任者 代表取締役 林 知史
電話番号 077-548-8235
メール mail@maxcamera.jp
所在地 滋賀県大津市和邇高城267-8
設立 2015年4月
古物商許可 第60115H270018号 滋賀県公安委員会
URL https://maxcamera.jp/camera/

関連記事

  1. カメラ買取店がおすすめする中古カメラの買い方ガイド

  2. 売れないカメラ 値段がつかないカメラとは?

  3. レンズ買取カメラ買取を依頼する前に知ってほしい5つのポイント

  4. 大阪でカメラを売るならどこ?大阪のカメラ買取店おすすめ

  5. 一眼レフカメラのレンズフィルターについて 種類・選び方

  6. 東京でカメラを売るならどこがいい?おすすめ店は?

マックスカメラ コラム

最近の記事

カメラ高価買取マックスカメラ

PAGE TOP