Nikon ニコン

ニコン Nikon D800 カメラ買取価格は?D800Eを高く売る方法

 

【CP+2012】ニコン:発表直後のD800/D800Eをチェック! D4の連写性能も実演 CAPAカメラネット様より

■ニコンNikon D800 D800Eとは

フルサイズFXフォーマットのミドルレンジ機。
とはいえ、36.3メガピクセルの圧倒的高画素のモンスターマシン!

高い解像度。繊細な質感描写。
ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラD800/D800E。

2012年3月発売 D800

重量 約1kg

D800 28-300VR レンズキットも発売

 

2012年4月 D800Eが発売

オープン価格 新品当時約25万円

2017年中古相場 9万円~12万円

 

 

■脅威の3600万画素

35mmフルサイズのCMOSセンサーは、Nikon一眼レフの中でも最高峰!
2017年現在、2014年発売の後継機ニコンD810も画素数は同じ。

中判デジタル並みの解像感を得られ、大きなセンサーサイズが低ノイズと高いダイナミックレンジを
生み出し、拡大しても「どこまでも見える」という感動と驚きの写真を切り取ってくれる。

 

■操作感にこだわったデザイン

レリーズボタン周辺の電源ボタンはボディとの段差をフラッシュサーフェス化。
(フラッシュサーフェス、段差を極限まで無くすこと)

これにより、より秀逸な操作性能を求めるプロカメラマンにも愛され
カメラを道具として使用する場合にもポテンシャルを発揮する。
同時期に発売された上位機種ニコンD4にも引けを取らない性能重視デザインだ。

 

■ニコンD800とD800Eの違い

一言で言えばローパスフィルターがあるかないか?
ローパスフィルターというのは、規則的な縞模様を撮影したときに現れるモアレ (干渉縞) や
偽色を軽減するため、屈折を使って光を散らす働きがあり、ローパスフィルターを無効にしてしまえば、
光は分散しなくなるわけで解像感は上がります。

36.3メガピクセルの高画素によるどこまでも細かな部分が潰れず
「果てしなく見える」という感覚をより優先する場合D800Eがいいでしょう。

新品価格でも5万円ほどの差があったわけですが、中古価格においても
D800Eの方が高値で取引される傾向にあります。

 

 

■カメラ買取店からのアドバイス

鉄道や飛行機などの動体を撮影するならニコンD800

より高精細よりで三脚などを使用し街並みなどを撮影する場合は
D800Eがいいかもしれません。

D800からD800Eに乗り換える人も多いようですが
それほど写りに差を感じる人も少ないようで
よほどの上級者じゃなければ、状態の良い中古を見付ければ買い!
という感じでしょうか。

 

■ニコンD800D800E買取価格

ニコンD800は後継機D810が発売されたことで、中古市場も豊富で
一気に値落ちが進んだ印象です。
そして、使用頻度の少ない状態の良いものと、シャッター数が限界近く来ているものもあり
買い取り価格も大きな差が出る機種です。
またD800を購入し、自らローパスフィルターをオフに改造しているものもたまに見かけますので
購入時は注意が必要です。

ニコンD800の買取価格を調べるのはコチラ

関連記事

  1. Nikon NIKKOR AF-S 80-400mm F4.5-5.6…

  2. ニコン Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70…

  3. カメラ、レンズ高価買取事例、Nikon Df レンズキット

  4. カメラ、レンズ高価買取 ニコン Nikon AF-S VR 200-4…

  5. Nikon D300 APS-Cサイズ「DXフォーマット」のフラッグシ…

  6. カメラ、レンズ高価買取!! NIKON AF-S NIKKOR 14-…

マックスカメラ コラム

最近の記事

カメラ高価買取マックスカメラ

トルログ

PAGE TOP