カメラ・レンズを高く売る方法 その2

どこでカメラを売るのがおすすめ?

前記事では、「カメラをオークションで売るのが得かどうか」について
買取店としての立場だけでなく、実際にオークションを利用している立場として
そしてお客様の体験談を交えてお伝えしました。

結論として、カメラやレンズのような高額品を販売する手段として
個人間売買はデメリットの方が多い。というのが私の見解です。
もちろん個人間取引を否定するものではないので、お好きな方はご自身の
好みに合わせて選んでいただければいいと思います。

では、あなたのカメラやレンズを少しでも高く売るために
どこに売却をするのがいいのか?について解説していきます。

あなたに合った方法を取り入れていただければ幸いです

カメラ、レンズ買取店にもいろんなタイプが存在する!
一言に「カメラ買取ります!」というお店は当店を含め非常に多いです。
有名無名、優良店舗から実に様々です。特にインターネットを見てみると

・個人の副業で運営されてるお店(許可を得ていない違法店もあり)

・リサイクルショップ(なんでも屋さん)

・カメラを海外に流す中華系、アジア系のお店

・カメラ専門店

同じように見えるお店でも大きく分けるとこのような感じです。
ではそれぞれのお店で売却するメリットデメリットを比較してみましょう。

個人の健全なお店

(違法店は論外なので省きます)

豆知識!

カメラ大手、「カメラのキタムラ」さんには直営店と
個人が名前を借りておられるフランチャイズ店があります。
地方のフランチャイズ店はこちらの個人店の属性になることがあります。

メリット

地域密着なお店の場合、その後のフォローが丁寧なこともある。
カメラ好きな人が経営している場合、様々な情報交換ができたり
売却だけでなく修理や相談など長く付き合える可能性があります。

デメリット
販売力がないお店や集客力の少ない地方店の場合、安く買い叩かざるを得なかったり
買取不可で拒否されたりの可能性もあります。
カメラ、レンズを高くで売却したい場合には不向きなことが多いです。

まとめ
個人のお店は人間関係も含めて長くお付き合いできるお店が近くで見つかれば
いい関係は築けますが、買取金額はどうしても安いことが多いので
こまめにお店を開拓する必要があります。

海外系のお店

メリット
日本では需要が少ないマミヤなどの中判カメラなどでも海外では需要があり
国内では買取金額がつかない商品も買い取ってくれる可能性があります。

日本より高い相場を形成している国に輸出するお店の場合は
国内で再販するお店より高い買取金額が付く可能性もあります。

デメリット
商習慣や文化の違いから支払いが遅い、後日お店からクレームをつけられるなど
日本企業ではあまり聞かないトラブルの可能性もあります。
日本の誇る工業製品が海外に流出してしまい、国内には残存しなくなる可能性。

まとめ
国内、海外の需要と特性を知っていて仲の良い業者さんが見つかれば
高い査定を引き出すこともできる可能性はありますが、
お店を見つけるのが大変といえます。

リサイクルショップ

メリット
全国チェーンのような大手だと買取に力を入れているので
買い取り方法が多彩な場合もあります。

・宅配買取
・出張買取
・店舗買取

など買い取り方法が選べる場合があるので
売りたい人の状況に応じて選べることがうれしいですね。

大手ならではの安心感。
また、カメラ以外の物も買い取ってくれる可能性もあります。

デメリット
リサイクルショップは基本なんでも屋さんなのでカメラの知識自体はなく
専門店ではないので、カメラ好きな人が顧客ではなく、カメラの相場感も持っていません。
一度、店舗に行けばわかると思いますが多くの場合、学生アルバイトさんなどが
素人が販売している低い相場のオークションを参考基準に買取をしているため
そのオークション価格に上乗せして利益計上するため安く買い取らざるを得ません。

いくら保管状態のよいカメラやレンズであってもアルバイトさんでも査定できるような
「一律査定」を取り入れているために、状態の良さを査定に考慮してもらえず
低い見積価格、買取金額になることが多いです。

また、店舗買取では、店舗維持費、人件費など
出張買取などは多額の人件費、交通費などが必須でかかるために
「安くでしか買取が出来ない!」のが当然なのです。

仮に人件費、時間給、1個の買取に往復2時間
査定に1時間。ガソリン代や車両代の損失を考え、
そこから利益を生み出さなくてはいけないので
買取が高くなるはずがないことは誰にでもわかると思います。

まとめ
複数の買い取り方法があるので、買取金額にこだわるより
ご自分のライフスタイルに合う買い取り方法があれば
利用してもいいかも?ですが
どうしても安く買い叩かれてしまう点は仕方がないといえます。

また、買取店の立場から見ると買い取り量を増やしたいがために
有名店であっても買取に関する法律を守っていないお店も多く
行政指導、摘発されているところもあります。
カメラ専門店・全国にカメラ専門店も多数存在します。

大手カメラ専門店

私が昔、個人的によく売るとき買うときに利用していたのが
マップカメラさん。カメラのキタムラさん。フジヤカメラさん。
カメラのナニワさん。コメ兵さん。トップカメラさん。ですね

メリット
そういった大手カメラ専門店はやはり、カメラの知識が豊富ですし安心感が絶大です!
カメラを売るだけでなく、買うときもそのあとも安心できます。
人気機種で保管状態が良いカメラやレンズの場合、高額査定も期待できます。

デメリット

カメラ専門店はその専門性ゆえに、「査定が厳しい」傾向にあります。
撮影に影響のないチリやカビ、クモリなどでも大幅な減額をされますし
買取を拒否される場合もあります。
私自身もよく経験しましたが、「なんだかんだ理由をつけて減額」という
理不尽な想いをしてきました。

でも「カメラ専門店の査定だから仕方がないか?」
と思わされてしまうわけなのです。

まとめ

カメラ専門店では安心感は大きいということが一番です。
そしてタイミングが良ければ買取キャンペーンなどもあるので
状態が良ければ、割と高い買い取り価格で買い取ってもらえることもあります。
下取りなどで新しいカメラへの買い替えもスムーズな場合もあります。
ですが一般的には査定が厳しく、結果的に安く買い叩かれることも多いです。

当店マックスカメラ

マックスカメラはそういった私自身が今までに経験した他店の買取体質を改善し、
もっと気軽にもっとカメラを大事に査定し、買い叩くのではなく
「カメラの価値」を見つけることに努力し

・カメラを売ってくれるお客様にも
・使われなくなったカメラにも
・売っていただくマックスカメラにも

全てによい状態、近江商人ならではの「三方よし」を理念に運営しております。

デメリット
滋賀、京都の地元では出張買取もしていますが、
それ以外の地域では出張買取はご利用いただけません。
知名度はまだまだありません。

メリット

小さい会社ならではの小回り、融通が利きます。
時と場合にもよりますが、営業時間外の対応や値段交渉など
即日入金、即日発送、カメラ、レンズ売るのも買うのも
大手さんでは手の届かない、細やかな対応が可能です。

売るのも買うのもマックスカメラを選んでいただくために
コンプライアンスをも守りながら極力、お客様に快適にお取引していただけるよう
日々、努力改善しております。

かんたんLINE査定からの高額買取

高く買い取ってくれるカメラ屋さんを探したくても東京、大阪など都心部以外には
カメラ屋さんが少ないことも現状です。リサイクルショップでは高額査定は期待できません。
地方にお住まいのお客様にはカメラを売りたくても売れない。
そのような状況も耳にします。

そこで当店マックスカメラでは、カメラ、レンズ高価買取
売るのも買うのもマックスカメラ。とご支持いただけるように
全国ネット買取を実施しております。

日本国民のインターネット普及率が8割と言われる昨今
インターネットから手軽にカメラの無料査定ができるように
LINE査定を導入、スマートフォンをご利用でないお客様のために
メールでの査定も実施。

まだインターネットをご利用でないお客様には
お電話、フリーダイヤルからの査定、お問い合わせも導入、対応しており
ご近所にカメラ屋さんがないご家庭でも完全在宅にて無料査定が受けられ
自宅まで梱包キットのお届け、集荷まで伺いますので
家から一歩も出ることなくご納得して簡単に
現金を受け取っていただける仕組みを構築しております。

また、どこよりも「高い買い取り価格」を実現するために
他店さんのように出張買取や店舗維持もしておりませんのでコスト削減しており
ネット宅配買取に特化することでどこにも負けない
「カメラ、レンズの高価買取」をすることが可能です。

まとめ
いままでに1ユーザーとして不便を感じていた部分を
改善した結果を形にしたのがカメラ、レンズの高価買取マックスカメラといえます。

結論
全国ネット買取、完全在宅でカメラ、レンズを現金化したいなら
マックスカメラがおすすめです。

最近の記事

カメラ高価買取マックスカメラ

PAGE TOP