fbpx

マックスカメラブログ

皆既日食の撮影方法、注意点とは夜空・星を綺麗に撮りたいマックスカメラブログ

【月食の撮り方】プロが皆既月食の撮影方法を徹底解説!|フォトアドバイスちゃんねる Vol.19

皆既日食の撮影方法、注意点とは

カメラレンズ高価買取 マックスカメラです。

カメラの楽しさ、撮影の面白さ、カメラ愛好家が増えますように
今回は皆既日食を撮影する方法と守るべき注意点について簡単にお伝えします。

 

■撮影の際の注意点(カメラ、レンズ、目のために)

 

太陽からは非常に強い波長の光が出ています。
この光は紫外線や赤外線など「目に見えない波長」の光もあり
特に紫外線は目の網膜の奥まで届くので、視力や目の病の原因となります。

また、一眼レフカメラなどカメラやレンズを通して太陽の光を見る場合にも
光と熱を集光し目に届けてしまうので、非常に危険です。

一眼レフなどの光学ファインダーを覗いて太陽を見ることは絶対にやめてください。
カメラで太陽を撮影するときは高濃度の光量調整用フィルター(NDフィルター)や
太陽光撮影用フィルターなどで光を十分弱めてから、
液晶モニター上のライブ画像表示で確認し

ファインダーは覗かないようにしましょう。

また、カメラ、レンズとしても強い光と熱で故障することがありますので
この場合も必ず光量調整用フィルターや太陽撮影用フィルターを装着してから
カメラ、レンズを太陽に向けてください。

故障した場合、非常に高額な修理費用となりますし
目へのダメージは深刻ですので、紫外線カットUV400のサングラスも
ご用意の上、万全の注意をお願いします。

海外でレンズの絞り羽が溶けたと報告された例

 

■太陽撮影にお勧めのカメラ、レンズ仕様とは

1、太陽を画角いっぱいに写すためには焦点距離600mm以上の
超望遠があると便利です。1.5倍2倍などのテレコンバーターを使用するのもよいでしょう。

 

2、太陽などの発光体はオートフォーカス(AF)では撮影が難しいので
マニュアルフォーカス(MF)で撮影するとよいでしょう。

 

3、露出も自動(AE)では正確な数値は出にくいのでマニュアルで補正しましょう。

 

4、フィルターを装着する
機種によりねじ込み式フィルターが装着できない場合があります
その場合はレンズの前にNDフィルターを持ってきて当てはめて、
レンズとNDフィルターをテープで固定する
もしくはレンズの前に手でかざして使用するとよいでしょう。

※NDフィルターはフィルターで人気の「マルミ光機株式会社」、「株式会社ケンコー・トキナー」などから
太陽撮影専用フィルターが発売されています。ご使用のフィルター径に合わせてご用意ください。

またマックスカメラでも格安お得な中古フィルターを
品ぞろえしている場合もございますので

コチラからお店を覗いてみてください。

カメラレンズ売るのも買うのもマックスカメラ

 

■おすすめ撮影参考数値データ

撮影データ :
シャッタースピード 1/250秒、絞り値 F8.0、ISO感度 100、露出調整倍数100,000フィルター
※露出調整倍数 10,000フィルターの際は、シャッタースピード1/2000秒程度をご利用ください。

 

カメラレンズの買取査定はコチラ

<新作公開>カメラレンズでここまで写る天の川(天体写真)video channel様

星空の撮り方 初級編 Ch Fumi

ソニー デジタル一眼カメラα テーマ別撮り方動画 14:夜空の星を撮る

素敵なフォトライフを送ってくださいね!

関連記事

  1. カメラ買取金額最新情報、レンズ買取もマックスカメラへ

  2. カメラを高く売るならヤフオクは止めた方がいい5つの理由

  3. カメラ買取店で新品未開封のカメラを高く売る方法

  4. 大阪でカメラを売るならどこ?大阪のカメラ買取店おすすめ

  5. 悪質な詐欺出品と偽サイトにお気を付けください!

  6. 売れないカメラ 値段がつかないカメラとは?

マックスカメラ コラム

最近の記事

カメラ高価買取マックスカメラ

トルログ

PAGE TOP