Canon キヤノン

Canon キヤノンレンズを高く売る方法 Lレンズの買取価格 基礎知識

レンズを高く売るなら

 

こんにちは、カメラレンズ買取専門店マックスカメラです。

今回のカメラ記事は、キヤノンEF ズームレンズの中でも最も人気の高い
L シリーズを特集しました。

キヤノンのレンズの売却をお考えの場合、高くレンズを売るためには、絶対に外せないシリーズです。

 

カメラ買取店の買い取り機種の中でも最も人気が高く、
すぐに現金化できる資産価値的要素を持ち合わせたレンズだと言えます。

 

特にL レンズと言われるプロ仕様のレンズは人気が高く、
カメラファンがとても欲しがる高級レンズです。

今回のラインナップもEF レンズ歴代のL ズームレンズを特集していますが、
旧式レンズであっても現在でも通用するものばかりです。

当店ではどのキヤノンレンズも定期的に在庫補充され、何度も同じ機種を買取販売
することになっています。

今回の特集はキヤノンレンズを高く売る方法につながる基礎知識
つまり、知っておけば安く買い叩かれないで済むような知識だったり
レンズを購入する際にも役に立つものばかりですので、
じっくりとよく読んでLレンズの知識を吸収してみてください。

 

また、L レンズは同じような種類がたくさんありますので、
違いをどこで見るかなどについても触れています。

理解できてしまえばとても簡単ですので、購入の際にも売却の時にもパッと見て
分かるようになるはずです。ちょっとの違いが価格に大きく反映されますので、
とても重要なポイントです。

 

機種解説

 

概要

今回紹介するのは、キヤノンEF マウントレンズの中でも高級なL ズームレンズです!
もし、ご自宅に不要なLレンズをお持ちで高くレンズ買取に出したい場合は
この記事の中身が役に立つかもしれません。

読むのが面倒という場合は、納得査定でレンズ高価買取のマックスカメラにお任せ下さい。

■マックスカメラで無料査定を依頼する

 

EFマウントとは

 

まず、そもそもEF マウントとは何か?についてお話します。

従来のキヤノンのマウントはフィルムカメラ時代のFD マウントと言われる
MF(マニュアルフォーカス)機用のマウントでした。

AF(オートフォーカス)化するためにEOS シリーズを開発し、それに伴ってマウント機構を
大きく変更する必要がありました。そこで誕生したのがEOS 用のEF マウントです。

高精度でリアルタイムに情報通信・伝達が行なえる完全電子化マウントのことです。
FD マウントと比較してもEF マウントはかなり口径が大きくなりました。

 

Lレンズとは

次に、よく耳にするL レンズについて解説しましょう。キヤノンのレンズは黒か白の鏡胴です
が、前玉付近に鮮やかな一本の赤いラインが入ったものがあります。

それが Lレンズと言われ、プロ品質と呼ぶに相応しいプロ御用達のレンズのことを言います。
この L レンズの「L」は、「高級な」「高品質の」「豪華な」「贅沢な」などを意味する
Luxuryから頭文字「L」を取ったものです。

このL は赤文字にするのが、このレンズの象徴のようなものです。

ですから、レンズの元箱には例えば「EF24-105mm F4L IS USM」などとL の文字だけを赤くし、
一見にして分かるようになっています。
それだけ別格扱いされているということです。

また、この名称の意味はメーカー毎に取り決めをしている記号ですので覚えてしまいましょう。
キヤノンの場合は、以下のとおりです。

 

①EF ② 24-105mm  ③F4  ④L  ⑤IS  ⑥USM

 

①EF は35 ミリ判フルサイズ、APS-C サイズ判両方のEOS マウントに装着可能なEF マウント
のEF レンズのこと。
②焦点距離
③絞り開放F 値のこと。数値が小さいほど明るいレンズ。「F3.5-5.6」などの場合、ズームレン
ズで焦点距離によって開放F 値が変化するズームレンズ。
④L はLuxury(ラグジュアリー)の頭文字で、キヤノンが誇る高性能なプロ仕様のL レンズの
こと。
⑤IS はIMAGE STABILIZER の略で、手振れ補正機構搭載レンズのこと。
⑥USM はULTRA SONIC MOTOT の略で、静かな高速AF(オートフォーカス)を実現した超音
波搭載レンズのこと。

 

また、近年のL レンズは防塵・防滴加工が施され、多少の雨露をしのぐことができるようにな
っています。主にマウント接合部にラバーリングが施されたり、AF ストップボタンなどの個所
を防塵・防滴性の高い構造とするなどの加工がされています。

 

各部名称

EF レンズの場合、どの機種にも同じようなスイッチや機構が搭載されているので、
基本的なところを押さえておけば問題ないでしょう。
ここではEF24-105mm F4L IS USMを代表に、各部位の名称を解説します!

 

  • 1. 前玉
    2. ヘリコイド(マニュアルフォーカス・リング)
    3. 距離目盛窓
    4. ズームリング
    5. AF・MF 切替スイッチ
    6. IS 切替スイッチ
    7. 赤ライン(赤ハチマキ)

  • 8. ラバーリング(防塵・防滴用)
    9. マウント
    10. IS マーク
    11. 後玉
    12. 電子接点

※一部望遠ズームレンズにIS スイッチがモード1及びモード2 の2 種類が付いています。
モード1:通常の手振れ補正 モード2:流し撮り用の縦振れ補正のみ
※一部望遠ズームレンズにフォーカス範囲切替スイッチが付いています。

 

次回はLレンズの種類をご紹介します。

レンズを高く売るならマックスカメラにお任せください

 

関連記事

  1. キヤノン Canon EOS 5D Mark III レビュー やっぱ…

  2. 高価買取 Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS…

  3. キヤノン canon FDレンズ買取、高く売る方法と損をしないポイント…

  4. 中古レンズ Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L USM…

  5. キヤノン Canon EF 24-70mm f2.8 L USMレンズ…

  6. キヤノン Canon EF 400mm 2.8 L II (2型)

    キヤノン Canon EF 400mm 2.8 L II (2型)

マックスカメラ コラム

最近の記事

カメラ高価買取マックスカメラ

トルログ

PAGE TOP